-

初めて投資すると時という場面では下調べを横着してはいけません。取引を始める前ならば場面を理性的に調査する事ができるゆとりがあります。だけれども、一度取引の中へ入ってしまうとどうあがいても考え方が独りよがりになりがちで時にはちゃんとした考え方が出来なくなる。危険があります。だからこそ自身の考えが理性的な段階で、しっかりと事前準備をしておくことが大切です。この”j事前準備”のためには、まずは自分だけの物語を描くことからスタートします。為替相場はこうだから、NZドルを取引するというようなストーリー展開を考えていきます。次はローソク足チャートをチェックする事です。それ以前の市場の上下動を見定めて、現在の値動きをチェックします。そうすれば、「現在はひどく安すぎる段階にある」もしくは「もう大多数の方がエントリーしているから、今さら遅れて売買しても今はもう遅いな」ということが納得できます。当然ですがすでにしかけるのがなすすべがないと考えたならば、仕かけないで、諦めることが大切です。台本を譲らずに吹っ切らずに取引すると外国為替市場に跳ね返されて逆に損害を受けることになる可能性があります。とは言うものの多くの状況で、準備が出来ている自身の台本を描いているとすれば取引が遅いというケースにはならないでしょう。明確に市場が上げ下げする前のはずです。その次に差し当たり自分がエントリーしようと思っている通貨の上下の動きをチェックすることが大切です。ドル高が進むだろうという筋書きを作ったのであればその外貨の上げ下げに用心しておきます。外国為替市場の推移を注意を払い始めた場面ではまだその外貨は誰の眼にも明らかに変動する様子を見せないで、上がったり下がったりわずかな変化をしているだけでしょう。だけど、その動きを確認していると、ある状況でじわじわと、円安へとマーケットが変動し始めます。この状況で初めてドルのエントリーします。一般的に、これだけ計画的に計画をやっておけばその売買で勝てる可能性は結構大きくなります。