-

直接でないカードの手順は単純です。クレジットカードを経由してダイレクトに買う事ができない物品を直接購入するというやり方ではなく遠まわしに注文する方がよりよいでしょう。表現が簡単という根拠によりまずはじめに商品券の例を見ながら解説してみようと思っています。例にあげようとしている女性が一流の財布を手に入れたいと考えて立っています。欲しがっている有名な銘柄の財布を販売している店ではクレジットカードで取引することが認められません。しかしJCB、American Express、Diners clubなどのギフトカードを使えば支払う事を許してくれるのです。ですので若者はカードで商品券を取り寄せする事が可能なギフトカードを売っているショップに行きクレジットカードを用いてMasterCard、Diners clubなどの商品券を買い付けするとします。使ったクレジットを使って注文したJCB、MasterCard、NICOSなどのギフト券をお店に携えて訪ね使いたかった価値のある服を買い付けたとします。「なぜギフト券で購入した若者はそういった面倒くさい手続きをしなければいけないの?」と疑う人もいるでしょうが実は上記で述べた技法を運用するのであれば一般では貯まることのなかったクレジットカードポイントが手に入れられます。普通に、金を払う事で有名なアクセサリーを取り寄せしたりした場合ローンポイントはもらえませんし、VISA、MasterCard、NICOSなどの金券をお金で注文した後に使っても手に入れられません。しかし今説明した事例の時はJCB、NICOSなどの券をクレジットカードで注文したという理由で有名な銘柄の財布を買い付けしたケースと同等の量のクレジットカードポイントがつくという事なのです。これが遠まわしにクレジットを利用したことという根拠で遠まわしに使うカードと言われている手順です。