-

本日は為替取引についての基本事柄に関する説明をします。為替の市場を簡潔に言うと「直に金の送金をなすことなく資金のやり取りの趣旨を達成する取引」になります。日常的に為替市場というのは外国為替を言い表す人が普通です。国際為替というのは二つの国の金の引き換えのことです。外国旅行(イギリス、韓国、米国)をしたことがあれば、たぶん為替の経験をしたことがあります。どこかの銀行にて違う国のマネーに両替するのであれば国際の為替という事です。為替の市場とは何かと言うと、買おうと思っている人と売りたいと思う人の値を意味したものです。銀行と銀行の取引の結果確定されるものです。その銀行というのはマーケットメイカーと言われている世界中にある銀行なのです。為替レートは種々の働きを受けつつもなお継続して時間とともに変わります。為替を動かして行く動因として、ファンダメンタルズというものが挙げられます。ファンダメンタルズとは経済のゆくえ、経済のベースやいろいろな要因のことを表します。国ごとのGDP成長率や景気の状況、物価指数、経常収支、失業率、有力者の言葉などいくつかの事柄が絡み合って為替レートは変動し続けます。国際収支と失業率は重要と思われます。外国取引の収支は、日本でいうと省庁(外務省)の指示で日銀が通関統計をベースとして作成した他国との任意の時期の経済取引を残したものです。これは中央省庁や日本銀行のHP等で開くことができます。雇用統計、無臭業者数も影響を与えることが多い要素だと言われます。特にアメリカの労働者の統計は重要視されます。月に一回公表され、リサーチの目当てが広いのが特性です。為替相場の変動は国の経済の変化なのであります。景気の変化を知ることで為替レートの動向の先読みができるようになると言えます。