-

為替への介入というのを聞いた事がありますか?日銀が介入して新聞記事、雑誌記事、ネット等の情報でチラリと見た方も多いでしょう。元より為替への介入というのは我が国においては、・大臣(財務大臣)円の相場の安定を保てるように実行する措置として評価されています。わかりやすく言うと、急激な円高または円安になると財務大臣の指図のもとに中央銀行である日銀が円の売り買いをして為替レートの安定を狙う、といったものです。外国為替平衡操作(為替介入)は方法があるのです。単独介入・・・政府または日銀が、東京での市場の中で自らが市場に参入して為替介入を行なう。協調介入・・・多くの通貨当局が相談し各々の通貨当局の金を以て一斉にあるいは少しずつ為替介入(外国為替市場介入)を実行していく。委託介入・・・外国の通貨当局に介入を託す。4.逆委託介入・・・日銀が国外の通貨当局と代わって為替介入(外国為替平衡操作)を実行する。こういったやり方です。どの種類の外国為替市場介入(為替介入)も短期に、もしくは連続的に為替に多大な影響を与えるはずです。為替介入(外国為替平衡操作)の金額はさすが自分の国の面子をかけているのですから桁違いです。円を基本に考えると、通常は数銭ずつ変化する為替レートが突如かなり変化をするのです。個人投資家の人ならばこれまでに体験したと推測できますが、そこまでは順当に利益(または損失)が多い保有高を維持していたにもかかわらず、持続している持ち高が決済したと連絡が業者の発信でメールが届き・・・どのくらい儲けが出たのかな(損益が出たのかな)?と考えつつ決済のデータを確認したところ、自らが見込んでいたものとはまったく逆の内容になってしまい度肝を抜かれたというパターンがありました。為替の介入が実施された時によく聞く話なのです。以上のように介入が施行されると、為替の市場の動向と正反対の動きをするものなのです。なおかつ変化する金の範囲はかなり大きく変化しますので用心しましょう。