-

実際にパソコンの画面の前で、休むことなく変化している為替レートを眺めていると何やら注文をせずにはいられなくなるという感情に追い立てられる場面も少なくありません。

しかし、あやふやな衝動でエントリーするのは、避ける必要があります。

ご覧の通り、相場は昼夜を問わず休みなくいずれかの国の市場はオープンしているし、相場も常に上がったり下がったりします。

しかし、だからといって立て続けにトレードをするとその分だけ損失を被る率が増します。

当然の事ながら、エントリーの数を重ねることによってじょじょに儲けられる可能性が半々になります。

でもこの事は「はっきりしない思いつきで取引」してしまうこととは話が違います。

売り買いの回数を積むという意味は、自ずから「ここは勝てる」と思える感覚を得たうえでの売買回数を積むという事を意味します。

ただ、エントリーを重ねるのとは明確に異なります。

外国為替相場の勝負に勝つためには、あなたが意識してけじめをつけることが大切です。

「ここは勝てる」と感じたマーケットの時には迷うことなく保持ポジションを買い増して積極的に利益を求めます。

「難しい外国為替相場でどう推移するのか考え付かないな」と思った時は潔く保持ポジションをひとつ残らず諦めて黙っています。

このくらいのテンポでやった方が結果的にはトレードは勝てます。

為替相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

まったくその通りだと思います。

外国為替相場とは、いつもポジションを保持する事が重要ではなく、どのポジションも保有せずじっとしていることも場面によっては、必要です。

それならば、どういう時に、休めばよいのだろうか。

最初に考えられるのが、先述した通り、現在の外国為替相場がしっかりと判断できない時です。

今後ドル高になるのか、ドル安になるのかが見通せない時は、ヘタに動くと、自分自身で考えた台本とは異なった方向に外国為替相場が動いてしまい損をする事になります。

そのため、こんな場面ではポジションを閉じ、何もせずに静観しているのが最良の選択です。

もうひとつの場面は、健康状態が思わしくない時です。

健康状態と市場につながりがない感じる人もいるだろうが。

現実には思いのほか影響を与えます。

体調が悪い時は、外国為替市場の大事な局面で、必要な決断ができません。

やる気がわかない時は、FXから距離を置くことも重要な事です。