-

一眼レフタイプのカメラは、撮影するシーンによってレンズ交換することでいろいろな写真が撮れることが魅力です。 このレンズはメーカーによって違いはありますが、普及価格帯と高級価格隊で2分されています。 普及価格帯のレンズは、カメラとセット売りされているケースが多く、広角から望遠までカバーする2本程度のレンズとカメラで15万円ほどで買うことができます。 しかし、これに対し根高級価格帯の望遠ズームレンズは1本だけで20万円を軽く超えます。 どこに違いがあるのでしょうか。 レンズの性能は中央部が一番高く、周辺に行くほどひずみが生じたりして劣ってきます。 普及価格帯のレンズは、小型センサーのカメラに装着されることを前提としているものが多く、周辺部の画質を気にする必要がないのです。 これに対し、高級価格帯のレンズは大型センサーのカメラに装着されるため、中央部のみならず周辺部の画質も調整する必要があります。 これは非常に困難なことです。 しかし、このようにして作られたレンズで写真を撮ると、自分の腕前が上がったのではないかと誤解してしまうほどきれいな写真が撮れてしまいます。 レンズの性能は結局価格で決まってくるのです。