-

車の保険には自賠責保険または任意保険といった二つの分類がございます。任意保険も自賠責保険も事故に遭ったときの補償に関するものですが条件は細かな点で異なっているといえます。二つの保険を比べると補償が適用されるものが多少同じではありません。※事故の相手へは、任意保険・自賠責保険の双方で補償します。※自分自身に関しては、[任意保険]で補償できます。※自分自身の財産においては<任意保険>を用いて補償します。自賠責保険単独では、自分自身への手傷もしくは自動車に関する補償などの支援は受けられません。また相手方に対する補償などの支援ですが自賠責保険については死亡してしまった時は最高三千万円・後遺障害時最高4000万円といった具合に定められているのです。しかし実際の賠償額が先に挙げた金額を上回ることは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。また加えて相手方の所有する自動車や家を破壊したときについては、加害した人の賠償になります。そのような負担を防ぐために任意保険という別の種類の保険が必須だという話になるのです。危害を受けた人の救助を主眼としている任意保険という制度ですがそれとはまた違った独自の役目があります。※事故の相手に対しては、死亡時あるいは負傷だけでなく、マイカーあるいは家といった様々な所有物を賠償してくれるのです。※自分自身へは、同乗していた人も込みで、死亡時もしくは怪我を賠償してくれるのです。※自己が所有する財産については、車を賠償してくれます。こういった多様な面において補償が安心できるものであるということが任意保険の長所です。保険の掛け金の振り込みは欠くべからざるものとなりますが事故が起きた時の相手方のためにも自分自身を守るためにも、乗用車に乗るのであればぜひ任意保険というものに加入しておきたいです。