-

いつも一緒に潜ってくれるガイド君と粟国島に行ってきました。ワキガ 簡単チェック

やっぱり慶良間に行くのとはわけが違って、遠いんですね…。イマークの効果

いつもより足の速い船で行ったのですが、ポイントに着くまですごく長く感じました。池袋 TBC

それとこの日は波が荒れてて、ちょっと汚い話ですが、久しぶりに餌付けしました。ハピメ

さて、一緒に行くガイド君は、通称「ウミガメを呼ぶ男」。デルメッド 口コミ

彼と一緒に潜れば必ず大物と出会えるという強運の持ち主です。結婚式 服装 30代

今回は一体何に出会えるか?と勇んで潜水しましたが…これと言って珍しいものもなく。糖ダウン

まあ、カメはいましたけど、いつも「ウミガメを呼ぶ男」と一緒に潜っているので、もうカメも飽きてしまいました(贅沢なことですが)感じたことと言えば、いつもより水が塩っ辛いということです。komonoの時計の口コミ

粟国島周辺海域はちょっと塩分濃度が高いんだそうです。結婚相談所 オーネット

と、いきなり視界が真っ暗に。ブブカ生え際

なんとそこにはギンガメアジの群れ。

おそらく3000匹、いやもっといるでしょう。

その大群が僕とガイド君を挟んで2つに割れ、僕らをすっぽりと取り囲んだのです!ギンガメアジの群れはたまに目撃され、これをギンガメアタックと言うそうですが、囲まれるのはめったにないのだとか。

貴重な体験でした。

お探しにお困りであればダイビングライセンスへご利用下さい。